羽子板の目的別の選び方を押さえておこう

「羽子板の選び方が知りたい」
「羽子板ってどんな場合に使われるの?」
「羽子板を購入したい」

一言で羽子板といっても、その種類は様々であり、どのような用途で購入するのかも様々と言えるでしょう。
用途別にそれぞれの選び方について、しっかりと把握しておくと良いでしょう。
どのようなシーンで使うのかを想像し、適切な羽子板を選びましょう。

【2022年最新版】便利でおしゃれなダイニングベンチ特集

初正月を迎える女の子の羽子板の場合

まず最初に健康を祈って飾る女の子の初正月用の羽子板の場合です。
女の子が誕生すると、初正月を迎えるにあたり、羽子板をプレゼントする腐臭があります。
これは無病息災のお守りとして、女の子がこれから健康で、幸せな人生を過ごしていくことが出来るようにと言う願いが詰まっています。
羽野形が顔食べるトンボに似ているので、病気の原因にもなるかに刺されないようにするためのおまじないとしても使われていたのです。
願いや祈りを込めてプレゼントされていたことが由来となり、現在でも形を変えながらも贈答する習慣があります。
母方の実家が用意するのが一般的とされているため、1つの参考にしておくと良いでしょう。
一見羽子板を見ると全て同じように見えるかもしれませんが、サイズやデザインも全く異なり、商品により値段も違います。
どのような差があって値段が変わってくるのかと言うと、それは製造技法による違いです。

製造技法により様々な種類のものがある

製造技法により様々な種類のものがあります。
一つ一つ手作りで、細かいパーツを組み合わせて立体的に作られるものが押絵と呼ばれるものです。
これは丁寧に時間をかけて作られているので、仕上がりが美しく繊細であり、他のものとは1線を隠すします。
政策にも手間や時間がかかるため、値段もそれに伴って高額になるのが一般的です。
木目込みと呼ばれるものは、立体的ではありますが、ボディーに発泡スチロールがウレタンが使われています。
このようなことから価格も比較的リーズナブルになっているのが特徴です。
凹凸をプレスして作るプレスは機械で大量生産ができるため、非常にリーズナブルです。
板の上に絵を貼り付ける、笑を焼き付ける等の焼絵、板の上に柄をデザインしたりプリントした絵を貼り付ける描絵なども比較的リーズナブルと言えるでしょう。
多くの場合一緒に透明のケースが付属していますが、なかには単体でケースが付属していないものもあります。

別でケースを購入することも1つの手段

ケースがあれば飾った時の見栄えも良く、汚れが付くのを防ぐことができます。
もしもケースが付いていないものを選ぶ場合には、別でケースを購入することも1つの手段です。
近年ではマンションに住んでいる人も多く、飾るスペースをなかなか確保することができないと言う理由から、コンパクトサイズのものが非常に人気を集めています。
壁にかけて飾れるように額縁に入っているものなどもあり、このようなものであればリビングのちょっとしたスペースでも飾っておくことができます。
せっかくお祝い用のものを選ぶのであれば、生物のデザインや表情などにもこだわりたいところです。
可愛らしいパッチリとした瞳や、反対に凛とした美しさの際立つ切れ長の瞳、柔らかな雰囲気を奏でる伏し目がちなど、表情1つで雰囲気は大きく変わるのです。

お祝い用のものは一つ一つ手作りされているものが多い

板からはみ出すほどの振袖や、着物や髪飾りの違いにより、印象が全く異なります。
細かい部分にまで注目し、プレゼントする側はもちろんのこと、プレゼントを受け取る側が気にいってもらえるような、素敵なデザインのものを選びましょう。
お祝い用のものは一つ一つ手作りされているものが多く見られます。
同じ商品でも少しずつ違いがあるため、できることならば実際に店頭で自分の目で見てから購入した方が良いです。

邪気を払う正月飾り用のものを選びたい場合

そして邪気を払う正月飾り用のものを選びたい場合です。
はねつき遊びは薬をはねると言う意味があるため、厄払いの縁起物として飾る人も非常に多く見られます。
正月飾り用として選ぶ場合には、その年の干支のものを選ぶのも良いですが、12種類を全て揃えるのはなかなか難しいです。
毎年飾ることができるデザインのものを選ぶのも1つの手段と言えるでしょう。
お正月らしいデザイン、可憐な花がちりばめられているもの、中には十二支の干支が全て描かれているものもあります。
好みのデザインのものを選んでみましょう。

みんなで楽しむはねつき遊び用のものを購入する場合

3つ目にみんなで楽しむはねつき遊び用のものを購入する場合です。
うまくはねつき遊びをするためには、体に見合ったサイズのものを選ぶことが大切です。
大きいものはするのが難しくなり、小さすぎると羽に当てるのが難しいです。
羽子板は24から77センチとサイズが大幅に異なります。
はねつきで遊ぶ場合には、35センチ前後のものが適切です。
また羽根もセットになっているものであればすぐに遊ぶことができるでしょう。

まとめ

このように目的により選び方が大きく異なることがわかります。
まずはどのような目的で購入するのかを明確にした上で、選んでみるのが望ましいです。
特に人気を集めているものがつまみ細工の伝統手法を採用したものです。
柔らかい印象と華やかな雰囲気であり、生年月日や名前を入れた木札等をつけてもらえるところもあります。
このようなものであれば、正月飾りはもちろんのことプレゼントにも最適です。

投稿を作成しました 67

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る