調剤薬局で働くメリットとデメリット

調剤薬局で働くメリット

薬剤師として調剤薬局で働く上でメリットとデメリットがあります。

それを知った上でどこで働くか、転職をするかといった事を考えた方が良いでしょう。

まずは調剤薬局で働くメリットになりますが、薬局で立場を与えられて働きますので服薬指導や疑義照会といった事と共に患者さんと直接コミュニケーションをとる事ができますので責任感と患者さんを守るといった自負や自覚をもたらさせてくれます。

もちろん患者さんと直接コミュニケーションをとる事によって徐々に病状が回復していく事による喜びや実感が湧きますし、感謝の言葉を言われる事も多く、やりがいを感じられます。

また働く上で大切なのがワークスタイルになりますが、希望に合わせた形で働ける事が多く忙しかったとしてもしっかりとした休憩時間が与えられる事が多く、働きやすさがあります。

管理薬剤師になりますと収入面や待遇面も良くなりますし、毎日薬局で働く事により薬局の顔となり、さまざまな知識を蓄える事ができるでしょう。

大きな調剤薬局の場合は何人もの薬剤師が働いていますが、一般的には数人程度になりますので薬局を自らの手で大きくしていく、自分の形にしていくという事も可能となっていき、待遇面も含めた上で自分の都合に合わせた形にできます。

いくら忙しくても過労によってミスがあってはいけませんから規定によって上限数が決められています。

調剤薬局で働くデメリット

逆に調剤薬局で働くデメリットになりますが、総合病院の近くにある薬局の場合はさまざまな依頼があり、多くの診療科目の処方箋を受け付けるので良いのですが、そうではない場合だと診療科目に偏りがでて処方箋も同じものばかりで知識があまり増えない事があります。

専門性は高くなりますが全体的な総合性のあるスキルや知識を学んでいくのが難しい環境になります。

待遇面でのデメリットになりますと調剤報酬のマイナス改定によっては収入が少なくなってしまう恐れがあります。

また小さな薬局だとずっと同じ人で働いていますから仮に人間関係が悪化した場合に居辛くなってしまいます。

多くの薬剤師の転職理由は待遇面ではなく人間関係悪化による環境面になりますので働いている人同士の相性はとても大事です。

このように調剤薬局で働くメリットとデメリットがありまして、実際にどこの薬局で働くかによって大きく左右されると言えます。

どんな仕事でも同じだと言えますが労働環境が良ければ働きやすいと言えますし、将来どんな事がしたいか、何を学びたいかによっても環境によってメリットを感じられます。

出典:「日本調剤 株価」から

投稿を作成しました 65

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る