オーダーメイドの枕で快適な睡眠生活を

睡眠不足は健康の大敵であり、毎日しっかりと安眠する事が重要です。

特に長時間労働が当然になって来た現代社会では、ごく普通に一週間勤務するだけでも、かなりの疲労が蓄積します。

心身の疲労を解消するためには毎日7時間から8時間はしっかりと熟睡しなければなりません。

 

睡眠の質を改善する

睡眠時間はただ体を休めているわけではなく、心身の疲労を回復させるのに必要なメンテナンスの時間とも言えますので、近頃妙にストレスや疲労感が抜けないと感じている方は睡眠の質の改善を進めましょう。

毎日7時間から8時間、しっかりと眠っていても肝心の睡眠の質が平均未満だと、心身の疲労感が十分に抜けませんので、一度、自分の寝具のコンディションをチェックしておきましょう。

掛け布団や敷布団、そしてマットレスや枕などが自分の体や睡眠時の姿勢に合っていないと、毎晩しっかりと体を休ませても充分に疲労が改善しません。

特に枕は非常に重要度が高い寝具です。

 

オーダーメイド枕を検討する

適度な高さがあった方が眠りやすい方、反対にフラットなタイプの方が安心して熟睡できる方がいますので、既製品の物がいまいち自分に合っていないと感じたら、オーダーメイドを検討したいところです。

既製品のスーツよりもオーダーメイドした物の方が自分の体にジャストフィットします。

大量生産された既製品は、広く浅く一般消費者の体と睡眠姿勢に合うようにデザインされています。

市販されている枕が運よく自分に合う方々もいますが、実はほとんどの方々はジャストフィットしない枕を使ってしまっているのです。

自分の体格に合うオーダーメイド品に切り替える事で、睡眠時の姿勢が安定します。

参考情報:枕 オーダー

 

枕の大きさを自由に選べる

就寝時の心身の状態が安定すれば、日中のデスクワークで溜め込んだ疲労感やストレスも綺麗に解消でき、また姿勢の悪さによって引き起こされる腰痛や首のコリや倦怠感なども避けられます。

商品の大きさを自由に選べるのもオーダーメイドの良いところです。

夜、寝返りをよく行う方はラージサイズの物がオススメです。

自由に寝返りが行えた方が快眠しやすく、首や肩、腰にダメージが加わりません。

筋肉質な男性や長身の女性も枕のサイズは平均よりも若干大きめにした方が毎晩安心して体を預けられます。

 

まとめ

ソフトな素材にするかの、それとも平均よりも固めの素材を選ぶのか、これもまた個人の体質や好みによって決めて良い部分です。

専門店に足を運ぶ事で、実際に色々な物が比較出来ます。

オーダーメイドをする前に、実際に素材感や大きさ、高さなどを確かめておけば、自分の好みと姿勢に合ったベストな物が依頼出来るでしょう。

投稿を作成しました 65

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る