ゴールド積立くんでリスクを抑えて資産運用

ゴールド積立くんは株式会社ゴールドリンクが提供している金地金積立購入サービスのことです。
最近のニューヨークダウ指数や東京株式市場では史上最高額をつけるなど活況を呈しています。
他方でNASDAQ市場などのマーケットでは暴落局面を迎えるなど不安定な値動きが継続しているのも確かです。

各国の金融当局が実施している空前の低金利政策

背景にあるのは、世界的なコロナ禍からの経済回復を下支えするために各国の金融当局が実施している空前の低金利政策にあります。
マーケットには資金が流入し新たな投資先を求めて株式市場から商品先物市場や暗号資産など、あらゆる資産アロケーションが物色されているのです。
世界的にコロナ禍からの回復には程遠い中似合って、マーケットが活況を呈しているのは各国中央銀行の0金利政策の影響による金融相場です。
景気回復の兆しが見えれば低金利政策は、いつの日にか終了しいよいよ実体経済にもとづいたマーケットが戻ってきます。
これから先も株式などの金融資産で安定したパフォーマンスを上げることができるとは限りません。
今後の世界各国の株式市場の動向は調整局面はもちろん、歴史的暴落につながる可能性すれささやかれているほどです。

金(ゴールド)を保有する意味とは

今後も不安定なマーケットの動向が継続すると関係者が注目を集める中で、よりリスクを抑制し中長期的に資産形成を計画実践できると見られているのが、金(ゴールド)を保有することです。
金を資産形成の一貫として取り入れるのは、インゴットやコインなど金現物を保有するのが一般的でした。
金本位制が一時期世界各国の中央銀行で採用されてきたこともあり、経済事情に左右されることなく普遍的な経済価値を金はもつと考えられていたからです。
しかし金現物を保有することには大きく二つの問題点が存在することが意識されるようになりました。
まず金自体の価値は0になくなる懸念はないものとはいえ、コモディティ市場において金の価格は変動します。
安全資産を認識されることから株式市場が不安定になったり、地政学的リスクが発生するなどのシチュエーションでは金の価格は上昇します。
これに対して株式や有価証券などが堅調な値動きを見せている中では、リスクオンの雰囲気にマーケットは包まれるので金の価格は下落する傾向があるのです。
つまりある時点で金現物をまとめて購入すると、その後の経済状況により大きく資産価値が目減りするリスクは否定できません。
さらに金現物を保有することには、当然のことながら防犯上のリスクがあります。
まとまった金現物を自宅に保管しておくことは窃盗被害のリスクに常日頃直面することを意味します。
防犯上のリスクを回避しようとされば、銀行で貸金庫を借りるほかありません。

金現物の積立購入サービスであるゴールド積立くん

このように金現物を保有することには、価格変動リスクと防犯上の保管リスクの二点が解決するべき懸念事項と考えられてきたわけです。
こういった金現物投資のデメリットを解決するべく登場したのが、金現物の積立購入サービスである、ゴールド積立くんになります。
ゴールド積立くんとは毎月5000円以上の金額を設定し、定期的に少しずつ金現物を購入するというサービスです。
金現物をまとめて購入すると、高値掴みをする可能性があります。
まとまったボリュームで購入しようとするならば、相当な金額の現金を用意する必要があり、投資初心者にとっては非常にハードルが高くなるでしょう。
仮に高値腱で購入してしまうと、長期間にわたって評価損を計上するリスクが高くなります。
だからといって最安値レベルで金を購入するのは事実上不可能です。

毎月一定額を金現物購入にあてることができる

この点金積立購入サービス・ゴールド積立くんでは毎月一定額を金現物購入にあてることができるのがミソです。
価格が高い月には少ない量で、逆に価格が下落している月にはより多くのゴールドを購入することができます。
つまり金現物の購入コストを平均化し、価格変動のリスクを回避しながら着実に金保有量を増加させてゆくことができる訳です。
この方法が優れているのは、株式投資と比較すればより明白になります。
株式では銘柄選定を間違えると、値上がりするどころか巨額の評価損を抱えるリスクは常に存在します。
数千以上の銘柄の中から値上がりを期待できるものをmつけるのは容易なことではありません。
これに引き換え金価格は変動を見せるとはいっても、積立購入のメリットをいかすことで変動リスクを相対的に小さくできます。
したがってあまり値動きの変動を気にすることなく、機械的にゴールドの保有量を積み増していくことができるというのは、リスクを抑えながら中長期的資産形成を可能にする点で非常にすぐ得れている投資手法と評価することができます。

まとめ

もちろんゴールド現物は、株式会社ゴールドリンクが責任をもって保管してくれるので東南や紛失の恐れはありません。
老後の2000万円不足問題に注目があつまるなかで、ゴールド積立くんは資産防衛と中長期的資産形成を低リスクで実践できることで合理的な投資手法選択ということができます。

株式会社ゴールドリンク 評判

投稿を作成しました 65

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る