プロパンガス会社に関して知っておく

「プロパンガス会社について知識を得たい」
「プロパンガスが自由競争ってどういう意味?」
「プロパンガスと都市ガスの違いについて知りたい」

一昔前は、プロパンガスの会社も数が限られていましたが、最近は非常に増えている傾向があることを理解している人が多いかもしれません。
なぜこのようにプロパンガスの業者が増えたかと言えば、昔に比べて自由競争が盛んになっているからです。
自由競争と言うのは、いわゆる特定の会社が争うわけですが複数の会社が争うことにより料金が安くなることを意味しています。

【関連】まちがす(MACHIGAS)公式ホームページ。まちがすは日本全国、あなたの町のプロパンガス会社を探せるガス屋さん検索のポータルサイトです。
料金相場と地域最安値もわかる!プロパンガス会社検索「まちがす-MACHIGAS」

自由競争について考える

例えば、今まで3つの会社があった場合は3つの業者がある程度料金を固定させていました。
これは団子が行われていたと言うものではなく、なんとなく共通認識としてこれぐらいの金額ならば妥当ではないかと言う金額が決められていたわけです。
それ以上下手に落としてしまうと、利益が少なくなるためあまり落とすことありませんでした。
それまで3つの会社のバランスが良かったとすれば、あえてそれを変える必要はないと業者側が考えたはずです。
ところが、お客さんの立場からすればそれでは不十分に感じることも少なくありません。
いつまでたっても料金が落ちないからです。
そこで、自由競争にすることによりいろいろな業者が入ってきて、格安の業者が出てきた暁には今までそこで営業していたところも安くせざるを得ないわけです。
もちろんこの場合でも、すべてのお客さんが新しい業者に映るわけではありません。
やはり有名な所にお願いをしたいと言う人も多く、また今まで使っていたところなどが多少料金が変わったとしても今まで通り使いたいと考えている人がいます。

【2022年最新版】便利でおしゃれなダイニングベンチ特集

新しいものに興味を持つ人間が2割ほど存在する

ところが世の中には、新しいものに興味を持つ人間が2割ほど存在すると言われておりその2割の人が新しい業者の方に移動する可能性が出てくるわけです。
新しい業者に移動した人が増えてくるほど、どんどんと価格の安いほうに流れていく傾向があるでしょう。
そうすると今まで高い料金を設定していた老舗のところは、仕方なく安くせざるをえなくなります。
その結果競争が生まれ、全体的に安くなる傾向が生まれるわけです。
このように、使う側からすればより競争が激しくなった方が嬉しいと言えますが、実際に使う顔は単に料金だけで判断しているわけではありません。
最近は不景気の影響により料金が安いところを選びたがる人が多いですが、必ずしもそれだけで決まるものではないでしょう。
中にはインチキくさいところもあり、例えば初期料金だけ非常に安くしており、2年目からは通常よりも高くなるといったプランを提示してくることもあります。

詐欺まがいのことを行う業者の存在に注意

例えば通常の基本料金が1500円だった場合、その新しいところは1100円と言う料金を提示します。
そうすると毎月400円位は安くなりますので、その分お得になることが理解できるかもしれません。
しかしながら、2年目からは1800円と言う料金を取った場合、しばらくの間はプラスになりますが3年から4年ぐらい継続して続けると、なぜか割高になってしまいます。
このような計算ができれば、決して間違える事はありませんが思わず初期料金の安さに惹かれてしまい、今まで利用していたところの登録を解除してしまうことがあるかもしれません。
いずれにしても、長期的に見ることが非常に重要であり、2年程度で解約することを前提としていないならば、長年使ったときどのように変化するか等もよく計算をしておくべきです。
プロパンを使っているところが多いですが、そのような所は都市ガスが通っていないと言う問題があります。
料金的には都市ガスのほうが安いと言われており、それを知っている人は都市ガスが通っているところに引っ越しをするかもしれません。

都市ガスとプロパンガスの火力の違い

もちろんそれだけが引っ越しで言うと言えませんが、2つの選択肢があった場合安いところを選ぶようにするケースはあります。
ただ、都市ガスには都市ガスの問題となりますので、よく理解しておいた方がいいかもしれません。
このような問題検索かければ、火力があまり強くないと言うことです。
一般的に都市ガスは、供給が安定していますが火力があまり強くないため、つよい火力を必要とする場合不十分に感じてしまうことが少なくありません。
このような経験から言えば、やはり色々と問題があると言わざるを得ません。
ただ、安定して供給される、は非常に魅力的であり、それが大きな価値と言えるかもしれないです。
一方で、プロパンの魅力はどのようなところにあるかと言えば、家族が強い事もそうですが災害が発生した場合でも安心して使えることです。
よくプロパンの場合は、災害が発生した場合爆発するのではないかなどと考える人もいますが、最近はしっかりと自動制御装置が働いており、大きな地震が発生した場合でも自動的に止まるようになっています。

まとめ

一般的には震度5位の揺れが発生した地震の場合には、自動的に止まりますのでガスの供給がされません。
水害が起きてプロパンが流された場合でも、自動的に止まるように設定してあるため、途中で爆破するような事はないでしょう。
実際に水害が起きた地域で爆発が発生した例はほとんどありません。

投稿を作成しました 65

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る