医療機器の歴史とその使われ方

日本をはじめとして、世界各地では1900年代以上に高い医療を実現できる時代が到来しました。
国内に至っては平均寿命が約89歳となっており、世界屈指の長寿大国とありました。
2017年に当時の政権では、「人生100年時代」の到来を宣言され、これからも高齢者と呼ばれる方の年齢はさらに高まりを見せることでしょう。

日本は世界を代表するほどの高い医療技術を有している

この長寿を実現できたのは、日本が世界を代表するほどの高い医療技術を有しているからです。
1999年にノーベル医学賞を受賞された方から始まり、毎年のように大学に在籍なさる研究者が医学賞を受賞されています。
記憶に新しいところだと、ips細胞の第一人者は人間の臓器を生み出す研究をなさっている方です。
これは今まで、神の領域と言われてきた分野であり、世紀の大発見をなさったといっても過言ではありません。
命の誕生を直接研究で見ることができ、難病治療にも活かされるわけです。
そこでここでは、日本が誇る高い医学知識とそれをささえる医療機器の概要、使用方法に焦点をあててご紹介をしていきましょう。
これから医学を志す方や、今現在難病で悩まれている方の参考になれば、幸いです。

国内で近代医学が普及した背景

まず国内で近代医学が普及したのは、江戸時代後半の安政年間です。
シーボルトという人物の名前は、多くの方が一度は耳にされたことがあるでしょう。
フランス人の医師で、東京に自身の学校を設立しました。
現在の東京女子医大の前身であり、当時は男性に対して医学を伝授していた施設です。
この学校で始めて西洋医学が伝わり、外科的な手術から薬剤を使用した治療を実施されました。
それまでは中国から伝わっていた東洋医学が主流で、生薬を使った処置しかなされませんでした。
眼病や骨折・裂傷などの疾患に対応することができず、若い方でも命を落とす原因になっていたわけです。
ところが江戸時代後半から西洋医学を志す方が多くなり、明治時代に入ると横浜や東京といった大都市では、西洋医学を実施する病院が数多く誕生するに至りました。

医療機器こそが患者に命をつなぐアイテム

現在でも治療の主軸は西洋医学にあり、それをサポートするスタイルで漢方や鍼を使用する東洋医学があります。
総合病院を受診すると、普段は見慣れない色んな機材を設置していることがわかるでしょう。
医療機器こそが、患者に命をつなぐアイテムであるので、国内から世界各国にはたくさんの機器製造会社が存在しています。
ここからはそのなかでも中枢機能を持つ機材について、詳しく見ていくことにしましょう。
参考:医療機器OEM

心電図

その1「心電図」は、大病院はもちろんのこと、個人クリニックでも必ず設置をされています。
患者の胸・両手首・両足に専用パッドを取り付けて、脈拍と心臓の動きを計測していくのが特徴です。
この機器でわかることは、正しい心臓の鼓動をしており、狭心症や心臓病を患っていないことを医師が把握できます。
1台あたり約40万円の価格で、総合病院であれば、各診察外来から病棟にもあるでしょう。

CTスキャン

その2「CTスキャン」は、脳から身体全体を3D映像で透過をして観察することが可能です。
おもに腫瘍の有無を確認するもので、昨今ではガン治療を実施する前の検査で必ず利用をされます。
この機能と似ているのが「MRI」ですが、こちらは内臓ではなく骨を映し出すのに特化をしてるため、一般的には内科系の治療をするにはCTスキャンを採用される傾向です。

エコー

その3「エコー」は健康な方でも一度は受けたことがあるでしょう。
2010年から40代以上の方を対象にした特定健康診断で必須となっており、腹部から首筋に使用をします。
女性であれば婦人科の検査である内診でも利用されるので、万能性に長けている医療機器と言えるものです。

人工呼吸器

その4「人工呼吸器」は、患者の命をつなぐ重要な医療機器です。
昨今では新型肺炎が国中で蔓延をしており、この機材の製造が追いつかない事態となっています。
セントラルラインと呼ばれるチューブを患者の気道に挿入して、ポンプを駆使した形で肺に直接酸素を送り届けます。
子供の場合だとマスクのみで対応をしますが、大半の方では喉を切開してチューブを入れるので、使用が終わったあとは喉の傷をふさぐ手術をしないといけません。

まとめ

以上の医療機器が、現段階で病院で設置をされているものです。
医学は日進月歩で進化を遂げており、これから先も患者の命を救うことに焦点を当てた機器が開発をされていくことでしょう。
これらの装置を準備するには、基本的には1台ずつ購入をするものです。
個人クリニックの場合はコストの限度があるため、専用会社を通じてリースサービスを受けることもできます。
患者の疾患はそれぞれ異なったものなので、正しく診断を下すためには精密な検査をする環境を準備しましょう。
医療機器がそれを担っており、各施設では充実した装置を備えて対応しないといけません。
リースの場合なら、常に最新の装置を用意してメンテナンスもしてもらえるので、利用する価値はあります。

投稿を作成しました 65

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る