ESCO事業を活用することにより大幅な光熱費削減が実現

ESCO事業を活用することにより、年間に掛かる光熱費を大幅に削減することが可能となります。
一般住居でも、商業施設であっても、年間のエネルギー消費は大きなコストとなるものです。
エスコシステムズなどのESCO事業者では、一年間にかかるエネルギーコストの診断を行い、最適化した際にどの程度の利益が生じていくかと、エネルギー供給の仕組みの適正化を行なうことが可能です。

 

エスコシステムズなどのESCO事業を専門に行なう業者

省エネ化を進めるにあたっては、エネルギー供給業者の選定だけではなく、供給設備の交換も必要となります。
省エネを検討する際には、包括的なプランニングが必要となるのです。
エスコシステムズなどのESCO事業を専門に行なう業者では、数多くの改善事例により培われた、省エネに関するノウハウが蓄積されています。
自分たちが考える範囲での光熱費の最適化が、現実に行えるものであるかを、即座に判断することが可能なのです。

 

年間にかかる光熱費は家計の大部分を占める

一戸建て住宅であっても、年間にかかる光熱費は、家計の大部分を占めていきます。
1日の使用量を減らしていくよりも、供給業者や設備の交換を検討するほうが、効率的に省エネ効果を得られるものです。
水道の使用量を考えても、一般家庭では、月間に相当な水道量を消費するものです。
キッチンでの料理への使用から、入浴時のバスルームでの使用など、思っているよりも、多くの水道量を浪費しています。
ESCOに取り組んでいくことで、月間の水道料金が大幅に改善されていき、家計を圧迫する光熱費を減少させていけるのです。
ESCOにより浮いた光熱費は、そのまま家計を豊かなものへと変えていくでしょう。

 

マンションにおいてESCO事業を進める場合

マンションにおいてESCO事業を進める場合には、管理組合の承諾を得る必要があります。
入居者の多くが活用する公共スペースでは、昼夜問わずに灯りを灯しているものです。
廊下やエントランスを灯す照明設備を、電力消費が少ないLED照明に変更するだけで、年間の電力消費量が削減され、入居者が負担する管理費の削減が実現していきます。
集合住宅の場合には、家庭内の省エネだけではなく、共有スペースのエネルギー消費量にも、コスト削減の余地は存在しているのです。

 

企業における省エネ対策

企業における省エネ対策は、一般住居や集合住宅よりも、利益捻出に密接な部分があるため、真面目に取り組んでいく必要がある課題です。
オフィススペースの電力消費を削減するだけで、その分のコストが利益へと計上されていくからです。
OA化が浸透し、事務的作業を進める上での電力量が甚大なものへと変わってきています。
人件費の次に掛かるコストとして電気料金の見直しが迫られてきているのです。
パソコンの利用や、コピー機の利用など、OA機器を使う機会の多い企業では、ESCOの検討を行なうことは、利益計上のためには欠かせない観点となってきています。

 

飲食店などの商業施設の場合

飲食店などの商業施設では、店内を灯す電気代は勿論のこと、調理に使うガスや水道の料金など、様々な光熱費が発生していくものです。
ESCOの観点から見直しを行い、店に残る利益を高めていくことは、有益なコスト削減手法となります。
売上が落ち込んできても、なかなか人件費に手を入れることができない店主は多いものです。
雇用改善を考えるよりも、日々の光熱費の削減を検討するほうが、長期的に見れば良い効果をもたらしていきます。

 

大型工作機械が数多くある工場

大型工作機械が数多くある工場などでは、光熱費に手を入れることは、経営上で必須になる課題です。
日常的に工業廃水を多数生み出すような業種の場合には、環境的な意味合いでも、光熱費の削減に取り組む必要があります。
生産量の減退により、総受注量が減っていっても、ESCOを考えることにより、設備の売却や人件費削減を行なう必要はなくなります。
生産コストの大部分を占める原材料費だけではなく、生産過程で必要となっていく光熱費を改善することができれば、工場の月間売上目標を達成することも可能になるのです。

 

国や自治体が提供する補助金を活用できるところもある

ESCO事業を推進する事業者のなかには、国や自治体が提供する補助金を活用できるところもあります。
省エネ化に興味はあっても、実現するために掛かっていく費用の捻出が難しいと考える方は多いでしょう。
補助金を上手に活用することにより、設備の交換にかかる費用を大きく減額できるようになります。
多くのESCO事業者では、無料で相談できる相談会を開催しています。
自分たちが求めるコスト削減を実現するためには、どの部分を改善していくべきかを、的確にアドバイスしてくれるのです。
数多くのエネルギー供給業者のなかから、求める要望に適した業者はどこになるかや、省エネ化を進めるにあたって必要となる機材の購入の必要性など、省エネ対策の専門家としての視点でアドバイスを行ってくれるのです。

 

まとめ

日頃は気にかける機会の少ない光熱費であっても、専門家に診断してもらうことにより、見直すべきポイントが多々あるケースは少なくないものです。
少しの改善で、月間の光熱費を大きく下げることができれば、家計や事業運営費に余裕が生じるように変わっていきます。
 

投稿を作成しました 65

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る