マッサージをする時のコツ

圧をかけ過ぎるマッサージはNG

浜松市でマッサージをする時には出来るだけ圧をかけないようにしましょう。

気持ちいいというぐらいで止めておくのがコツです。

よくマッサージで失敗をするのが圧をかけすぎるケースです。

圧をかけすぎると筋肉を傷めたり、血管を傷めたり、神経を傷めたりすることがあるので注意をしましょう。

特に首周りのマッサージをする時には注意が必要です。

首周りは神経が表皮に近いところにあるので神経を傷つける可能性もあるからです。

圧をかける目的は刺激を与えることであって、筋肉を揉みしだくということではありません。

刺激が加わるとそこに血液が流れるようになるので血行が良くなるのです。

ですから、痛いぐらいまで圧をかけることに意味はないと考えましょう。

痛いということは、それだけのダメージを体が感じているということです。

痛いと感じると人は筋肉を緊張させます。

浜松市のメディアなどでは痛いほど効いているというようなことを伝えたり、痛いのは体が悪い証拠などという意味不明なことを伝えたりもしていますが、痛いことで体が良くなるようなことはありません。

痛いということは、そのまま体のダメージになっていると素直に捉えるようにしましょう。

ですから、気持ちいいところで止めるのが一番いいのです。

さするだけの優しいマッサージで十分効果が出ます

基本的にマッサージの目的は刺激を与えることであって、圧を加えることではありませんから、さする程度でもいいのです。

たださすっているだけでもかなりの効果を期待することが出来ます。

私の行きつけの浜松市のマッサージ店はさすっているだけですが、とても効果的です。

これはさすることで血行が良くなるとともに、筋肉の緊張も解れていくからです。

つまり、適度な刺激は体にはプラスになりますが、強い圧のようなものになると、体に負担をかけるだけということになります。

指圧の力というのは意外に大きなものです。

その強さは翌日などに筋肉痛となって出てきたりするぐらいです。

筋肉痛というのは激しい運動をしたりしたときになるものですが、それとおなじようなことになるということは、いかにこの圧の力が大きなものかという事を物語っているともいえるでしょう。

圧がないと物足りないという人もいるかもしれませんが、物足りないぐらいがちょうどいいというように考えた方がいいかもしれません。

翌日の痛みが好きというような人でもない限りマッサージはゆっくりとさするようにして、行うのが一番です。

そして、気持ちいいのでもうちょっとやりたいというところで終わるのがベストです。

そうすると、また時間をおいてする楽しみも出来ます。

 

 

浜松市 マッサージ

投稿を作成しました 65

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る