純金積み立てを効率的に行う方法について

純金積み立てでは毎月一定の金額を投資して少しずつ金を購入し、リスクを回避しながら資産運用を行います。
田中金属工業や三菱マテリアルなどの貴金属販売会社だけでなく、株式会社 ゴールドリンク、証券会社でも純金積み立てを行うことができます。
最近ではインターネットが普及したためネット銀行もこの業界に参入してきており、オンラインで気軽に投資できる環境が整っています。

純金積み立てはリスクを抑えて手間を掛けずに行うことができる

資産運用の方法には株式投資や不動産投資など様々なものがありますが、純金積み立てはリスクを抑えて手間を掛けずに行うことができるというメリットがあります。
購入した金は貴金属販売会社や証券会社に預けるので、自分で手間やコストを掛けて保管する必要がありません。
金を現物で購入した場合には自分で保管しなければなりませんが、手元に現物があると投資している実感を得ることができます。
安心して保管するための十分な場所や設備を自分で用意できるのであれば、金の現物を購入するのもよいでしょう。
純金の積み立ては自動的に毎月一定の金額を投資することになるため、資産運用のための手間や時間がかかりません。
サラリーマンなどで日頃から忙しく資産運用に時間や労力を割く余裕がない場合には、自動的に投資ができる純金の積み立てがおすすめです。
純金積み立ての最低購入金額は1000円からとなっており、貴金属販売会社などと契約すれば毎月決まった金額が口座から引き落とされて金を購入することになります。
金を取り扱っている多くの会社では最低投資金額が1000円から3000円ほどに設定されており、1000円単位で購入金額を設定できます。
積み立て金額を最初は1000円に設定して、必要に応じて2000円や3000円に増額させることも可能です。

平均購入コストを下げたり解約時には現物にできるなどのメリットが存在する

金への投資はコストを抑えて少額から始められるだけでなく、平均購入コストを下げたり解約時には現物にできるなどのメリットが存在します。
資産運用方法には様々なものがありますが、これらのメリットを備えているのは純金積み立てだけです。
例えば金地金と呼ばれる延べ棒に投資する場合には少額からの投資ができませんが、純金を積み立てる場合には少ない額から投資を始めることができます。
金地金を現物で買う場合には500gから1kg程度の取引をするのが一般的とされており、500gから1kgの金を購入するには多額の資金が必要になります。
市場における金の価格は変動していますが、500g以上の金地金を購入するには数百万円を用意しなければならず気軽に投資を始めることはできません。
500gよりも小さいサイズで購入したい場合には、一般的に流通するサイズではないのでスモールバーチャージと呼ばれる加工費用が掛かってしまいます。
純金の積み立てであれば少額からの投資が可能であり、小さな金地金を購入する場合のような無駄な手数料が掛かることはありません。

純金の積み立てでは管理保管料が不要

金地金の現物を購入すると保管料がかかりますが、一般的に純金の積み立てでは管理保管料が不要とされておりコストを抑えることができます。
1000円から3000円ほどの少額から投資を始めることができるだけでなく、管理コストもかからないので金投資の初心者にもおすすめの方法です。
純金の積み立ては毎月1万円ずつ投資しても年間で12万円しか掛からないため、株式投資やFXなどと比較して気軽に始めることができます。
株式投資やFXを始めるには数十万円程度のコストが必要になりますが、純金の積み立ては元手が少額でも始められるというメリットがあります。
さらに純金の積み立てを長期間にわたって続けるほど、平均的な購入コストが抑えられるというメリットも存在します。
市場における金の価格は毎日変動しており、利益を増やすためにはなるべく安くなっているときに購入する必要があります。
しかし初心者のみならずプロでも市場の金相場を確実に予想することは困難なため、金地金を購入して利益を得ようとすると難易度が高くなってしまいます。

ドルコスト平均法について

純金の積み立ては毎月一定の金額を購入する形で投資が行われるため、価格が下落しているときには自動的に多くの金を購入することになります。
反対に価格が上昇しているときには金を少なく購入することになるので、価格が変動しても購入コストを平均化できます。
純金の積み立てで採用されている投資方法は一般的にドルコスト平均法と呼ばれており、長期間続けるほどコストが抑えられます。
短期的な取引では購入コストが平均化できずあまり恩恵がないので、純金への投資は長期的な視野に立って行うのが効率的な方法です。
純金への投資では積み立てた金を現金以外に現物と交換することが可能であり金地金や金貨、ジュエリーに交換するケースも多く見られます。
決まったサイズの現物を購入する金地金への投資と比べて、純金積み立てには様々な形で交換できるというメリットが存在します。

まとめ

純金の積み立ては少額からの投資が可能なので、最初は1000円など少ない金額から始めて必要に応じて投資金額を増やすとよいでしょう。

投稿を作成しました 65

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る