青汁は長く飲み続けることが大切

美味しくない、飲みにくい、青臭い、これらを連想させる飲み物が青汁です。

近年では、美味しく飲むことが出来るように工夫されている製品も多くなってきてはいますが、それでも飲みにくいと感じる人も少なくはありません。

そのような場合でも、飲み方を工夫することにより、飲みやすくすることが出来ます。

また、混ぜるものによって、栄養も豊富に得ることが出来る場合もあります。

青汁の持つ独特の青臭さや苦味などが苦手という場合には、牛乳や豆乳に混ぜることをおすすめします。

まるで抹茶ミルクのような味を楽しむことが出来ます。

さらに、青汁には含まれていないタンパク質も豊富に含まれていますので、小さな子供にもおすすめです。

甘みを加えると、さらに飲みやすくなります。

牛乳や豆乳が苦手という場合には、野菜ジュースやフルーツジュースに混ぜると良いでしょう。

苦味や青臭さが軽減されますし、豊富な栄養素も同時に摂取することが出来ます。

特にフルーツジュースは甘みがあるものが多いため、飲みやすくなることが出来るでしょう。

様々な種類のジュースがありますので、好みに合わせて選ぶことが出来ます。

ただし、ニンジンジュースに混ぜた場合には、場合によっては野菜のビタミンを壊してしまう可能性がありますので、避けたほうが良いでしょう。

青汁を混ぜるのは何も飲み物だけではありません。

ヨーグルトに混ぜることにより、ヨーグルトの酸味が苦味や青臭さを軽減させてくれるため、デザート感覚で摂取することが出来るでしょう。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内環境を整える効果も期待することが出来ますので、便秘解消効果を高めることも出来ます。

青汁を飲むという場合、それがどのようなものであっても甘みを加えるだけで、味がまろやかになり、飲みやすくなります。

加える甘みについては、一般的な砂糖の他にハチミツやメープルシロップ、オリゴ糖シロップ、黒蜜などがあります。

カロリーが気になるという場合には、カロリーを抑えることが出来る甘味料がおすすめです。

せっかく栄養豊富な飲み物でも、美味しくなければ続けることが出来ませんし、無理に我慢をして飲み続けてもストレスを溜める原因となってしまっては意味がありません。

長く飲み続けるためには、自分に合った方法を見つけるということが大切になります。

様々な飲み方をためしてみることにより、飽きることなく飲み続けることが出来るようになるでしょう。

投稿を作成しました 65

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る